【作業効率を大幅アップ】チャットシステムを選ぶポイントをリサーチ

チャット

企業が導入するチャット

ビジネスチャットを導入している企業が増えています。従来のメールのやり取りは個人対個人ですが、ビジネスチャットなら複数の人とやり取りができます。いつでもどこでも会議ができるというメリットがあるので、出先から会社に戻らなくてもいいのです。チャットのやり取りはそのまま残せるので、議事録としても使えます。

詳しく見る

PC操作

直感的操作が可能

マニュアル作成ツールはクラウド型とインストール型に分けられ、クラウド型がトレンドとなっています。ですがそれぞれ一長一短あります。いずれも直感的操作が可能で、よりわかりやすいマニュアルが作れるという特徴があります。

詳しく見る

オフィス

リアルな双方向サービス

企業と顧客をつなぐシステムとしてコールセンターがあります。しかし電話中の場合が多く、顧客には不便なシステムです。メールのやり取りではいつ返事がくるかわからないという不便さがあります。それらをしのぐ方法として採用されているのがチャットシステムです。リアルタイムでオペレーターとやり取りができるのです。

詳しく見る

社内

ツールの導入による影響

ビジネスチャットツールを導入することで、社員間のコミュニケーション向上につなげることができる。それにより、業務効率の向上や売り上げ増などに繋げられる可能性が有る。導入時には、セキュリティ対策が十分されているなどの条件が重要である。

詳しく見る

パソコン操作

市販ソフトを利用する理由

マニュアル作成のツールは、市販品からフリーソフトまで多種多様のツールがあります。一般に市販品のソフトには多機能のツールが多いため利用者が慣れるのに時間を要することがあります。一方フリーソフトは比較的簡素なものが多いため直ぐに利用できます。しかし将来の改版等を考慮するなら市販品を利用するのが得策です。

詳しく見る

自社のニーズに合わせて

PC

選ぶときのポイント

Webサイトからの離脱防止や、購入率のアップを目指して、チャットシステムを取り入れるサイトや企業が増えてきています。チャットシステムとは、まさしくチャットのように、リアルタイムで企業とのやりとりができるシステムのことです。といっても担当者を設置している場合は少数で、たいていはAIによりやり取りが行われます。ユーザーの質問は意外と定型化しているので、AIとのやり取りでもほとんどの場合問題はないのです。近年のAIは進化しており、ユーザーの質問を収集してより最適な回答に変えていくこともできます。リアルタイムに答えが見られるというのはユーザーにとってのストレスを大幅に軽減してくれます。チャットシステムを使っている間はサイトにいることになるので、購入率をあげることにもつながります。チャットシステムを選ぶときは、まず担当者が対応するのか、AIに任せるのかを考えましょう。定型化された質問にはAIが対応し、そうでない質問には担当者につなぐという二段階の設定にできるチャットシステムもあります。AIだけにまかせるタイプもあります。提供するサービスにより向き不向きは変わるので、自社にはどちらが最適なのかを見極めましょう。すでに導入している同業他社について調査するのもおすすめです。また、費用も大きな問題です。チャットシステムは無料で使えるものからそれなりの費用がかかるものまでピンきりなので、それぞれの特徴をふまえて選ぶべきでしょう。また、アプリ開発を検討している場合は専門業者に依頼することで簡単につくることができるため、自社内でアプリ開発を行なうことができない場合でも安心できます。アプリ開発を依頼する前にiphoneなのかiOS向けなのか事前に選んだ上で依頼する専門業者を選ぶようにしましょう。もし、iphoneでアプリ開発を検討しているのであれば、ランキングサイトや情報サイトをチェックして優良業者を見つけましょう。優良業者に依頼する事で質の高いアプリを開発することが出来る上に、手厚いアフターサービスを受けることも可能です。