【作業効率を大幅アップ】チャットシステムを選ぶポイントをリサーチ

リアルな双方向サービス

オフィス

顧客とのやり取りが便利

企業にとって重要なのは顧客とのコミュニケーションです。その代表的なシステムとしてコールセンターがあります。顧客の相談を電話で受けてサポートする仕組みですが、電話回線に限りがあるため話し中が多いのが難点です。いつも話し中だと顧客の企業に対するイメージが悪くなります。最近はコールセンターではなくチャットシステムを導入する企業が増えています。これはリアルタイムでオペレーターとやり取りできるシステムです。例えばスマホを購入したいと思ってメーカーのホームページを見た人が、色々なプランのどれがいいのかわからない場合があります。そのような時にチャットシステムで質問を書き込むと、オペレーターがすぐに返事をくれるのです。電話の場合は話し中が多いですし、メールのやり取りではいつ返事がくるかわからないという不便さがあります。チャットシステムならリアルタイムで双方向のやり取りができるので、不安な点や問題点をその場で解決できるのです。またチャットシステムを導入すると顧客とオペレーターのやり取りがテキストとして残るので、情報集約の面でも活用できます。どのような質問内容が多いのかがわかりますし、それによって改善テーマがより明確に把握できます。顧客にとって便利なだけでなく、企業にとっても貴重なデータが得られるというメリットがあるのです。このようなチャットシステムは美容エステやカウンセリングなどにも利用されています。チャットシステムはテキストだけでなく画像やURLも共有できるので、ビジュアルな相談に向いています。