【作業効率を大幅アップ】チャットシステムを選ぶポイントをリサーチ

企業が導入するチャット

チャット

どこでも会議ができる

企業ではビジネスチャットを導入している所が増えています。これまでもメールなどを活用していましたが、より便利なビジネスチャットが広がりを見せているのです。メールでのやり取りとビジネスチャットを使った場合の大きな違いは、いつでもどこでも会議が可能になったという点です。メールの場合は個人対個人のやり取りに過ぎませんが、ビジネスチャットを導入するとそのグループに属している複数の人たちとやり取りができるのです。まるで部屋で会議をやっているように、テキストで意見の交換ができます。そのため出先で営業中の社員が会議のために会社に戻る必要がなく、出先からビジネスチャットを利用して会議に参加できます。またビジネスチャットにはグループ分け機能がついているので、プロジェクトごとにチャットをすることができます。これは従来のメールなどにはなかった便利な機能です。また会話の記録をそのまま残すことができるため、自動的に議事録が作れるというメリットもあります。会議室で顔を見合って会議をすると、お互いの顔を見ながら話すので緊張感があります。言いたいことも言えない場合が出てきます。しかしビジネスチャットならテキスト文章でやり取りをするので、伝えたいことを冷静に確実に伝えることができます。管理職の立場からすると、部下のプロジェクトの様子をビジネスチャットを通して知ることができるというメリットもあります。これらの点が、企業がビジネスチャットを導入し始めた理由です。